都議選に立候補した濱野秀昭さんから、働き方改革を考える

自称「ブラック企業経営者」が都議選に出馬表明 働き方改革に反発「社員は権利を主張する前に働いて」キャリコネニュース

濱野秀昭さんという方が、都議選に出馬するということで、そのインタビューです。かなり過激な主張をしていて、賛否両論はありそうですが、気づきを得られる内容だと思います。なんか、ホリエモンが選挙に出た時を思い出しました。

以下では、濱野さんのインタビューのうち、長時間労働などの労働観に関わる部分について、引用しながら僕の考えを述べたいと思います。

―まずは個々の政策について、お聞きしたいと思います。ブラック企業の経営者として「働き方改革」についてはどうお考えですか。

改革する前に、社員が自立しろと思います。給料分働いてくれれば文句なんて言いません。搾り取ろうとする経営者なんてごく一部ですよ。でもちゃんと働かなかったり、バックレたりする人も多い。権利を主張する前に、きちんと仕事をしてほしいと思います。辞めたいなら辞めて別の会社に行けばいいのではないですか。
過労で自殺に追い込まれる人もいますが、自殺するくらいなら会社を辞めればいいじゃないですか。自立できていないから辞められないんですよ。

まず、働き方の問題は、経営者ではなくて、どちらかと言えば社員にある。その問題とは、社員が自立していないことである。社員が自立していれば、過労死の問題も起こらない。こういうご意見のようです。

キーワードは「自立」ですね。確かに、日本の労働者というのは、イメージとして、自立しているようには感じられません。

しかし、何をもって「自立」というのかは、それぞれに定義があることかと思います。僕の方では、「他人の考えに合わせて行動するのではなく、自分の考えで行動すること」を、自立した個人と定義することにします。

自殺するくらいなら会社を辞めればいいという言葉には、聞き覚えがある気がします。確か、大手外食チェーンの社長さんが言ってたかな。いわゆる自己責任論というもので、一定の納得感がある響きです。

自己責任論の是非については、正直僕はどうでもいいと思っている方で、それより実態から見て、何が不足しているか、どうすれば問題を除去できるかに興味があります。

実際問題として、労働者の多くは自立していないっぽい。だから濱野さんが政治をすることになったら、労働者を自立させるための政策を行うんだと思います。

しかし、日本人は生まれた時から、「世間並」とか「みんなと一緒が一番」という価値観を、学校なり慣習なりから自然と身に着けていく、社会的な構造の中にいます。自立していることは、むしろ不自然なことで、人間関係においては望ましくないことです。

社会構造を変えていくことは、並大抵のことではありません。膨大な時間と、エネルギーが必要なことです。個人的には、日本人が自立を目指すにしても、徳川の時代と同じ300年くらいはかかると思います。倍の速度でやっても150年間。それくらいのスパンで取り組むべき問題かと思います。

―追い詰められて冷静な判断ができなくなってしまったり、転職する余裕すらないという人が多いからこそ長時間労働への規制が検討されているのではないでしょうか。

そもそも規制なんて少ない方がいいんですよ。規制で縛るというのは人間のレベルが低いんですよ。例えば、飲酒運転での死亡事故が増えて、規制が出来た。人を殺すかもしれないのにやってしまう、でも規制が出来たから飲酒運転を控えるというのはレベルが低いからです。ルールがないと意識が高まらないというのではダメなんですよ。

規制は少ない方がいいという意見には賛同します。規制を減らすことはすぐにでもできる。人を信頼するだけで、あとは規制をする側に勇気があれば、できます。その勇気がなかなか出ないんですが。

ひるがえって、現代の東京都の人間のレベルですが(濱野さんが立候補しているのは東京都議選なので)、何を基準にしたらいいのか分からないので、感覚的に申し上げることしかできませんが、僕の感覚では、特に低くないと思います。むしろ、世界的な大都市にも関わらず、奇跡的な治安の良さを保っているのは、ルールによる押し付けではなく、マナーとしての自己規制ができていることの証明のように思います。

一方で、多くの企業がマナーどころか、労働条件の明示や残業代の支払いなど、基本的なルールすら守れていません。ルールが守れないから、新たなルールが作られていく、悪循環が起きているように思います。

レベルの高い人間が、レベルの高い世の中を運営していくという理想は、政治家として掲げるべきものだとは思います。しかし、足元をしっかり見て、現実をひとつひとつ変えていくことが、最も大切なのでないかと、濱野さんのドラスティックな主張から考えさせられました。

濱野さんは他にも、クリティカルな問題を、自立的な個人の視点から捉えていらっしゃいます。もしかしたら、出馬の一番の目的は、都民にその姿を、モデルとして提示することなのかもしれません。

クールであれば、時代は受け入れてくれる。

そうであることを、僕も信じています。